最新プログラム : ver3.2.2 macOS に対応させてみた (2019/06/18)
最新マスコット : 『はやて ×ブレード』 マスコット 0.30 槙先輩・ゆかりを追加(2007/04/25)
アンケート設置 (2004/05/08)




MaCoPiX : Mascot Constructive Pilot for X



MaCoPiX (Mascot Constructive Pilot for X の略 : "まこぴっくす"と読んでください) は、UNIX系OS(要X Window System)、Microsoft Windows(7以降)、macOS(10.9以降)で動作するマスコットプログラムです。
おもな特徴は
- Window Sitterや固定形式のマスコット、 さらにはデスクトップ時計にも対応。
ActXの後継として基本的にはWindow Sitter機能を充実させています が、それ以外の用途としても使用が可能です。
- GUIはGtk+を採用。
GUI上で各種設定の変更からマスコットの作成まで、 すべての作業を行えるため、テキストエディタ等で設定ファイルの 編集を行う必要はありません。 Gtk+3 (= デフォルト) もしくはGtk+2に対応。
- 画像読み込みにgdk-pixbufを採用。
ActXではxpm形式のファイルしか読み込めませんでしたが、 gdk-pixbufによってかなり広範囲の画像ファイル形式をサポートできます。
- メイル着信チェック機能の搭載。
各種ローカルスプールおよびPOP/APOPサーバーへのアクセスによる 新着メイルチェック機能を標準装備しています。
のような部分があげられます。 その他、このプログラムの前身であるActXと比較してメニュー機能の強化、ふきだし表現の高度化、 POP機能の安定化等、細部にわたって進化しています。



▼ 動作環境
OS UNIX系OS : コンポジット対応したウィンドウマネージャを使用しているX Window System

  または

Microsoft Windows 7以降 (64bit; Windows 10 推奨)

  または

macOS 10.9 (Mavericks) 以降 (64bit)
library       - Gtk+3 > ver 3.22        (or Gtk+2 > ver. 2.24) -- GTK+3 を推奨
      - gettext > ver 0.10
      - OpenSSL (もしくは GNU TLS)
が必要。
また、gdk-pixbufがサポートするすべての画像形式を読み込むことができま すが、それには各画像形式に対応したlibrary(libtiff, libpng等)が必要と なります。

Windows/macOSバイナリ版については必要な上記ライブラリをすべて同梱しています。



▼ スクリーンショット

設定ダイアログ
[設定ダイアログ]
時計機能
[時計機能]

ランチャメニュー
[ランチャメニュー]

Biff機能
[Biff 機能]






Contents on this web page...

■概要
      動作環境 / スクリーンショット

■ダウンロード
      プログラム本体 / マスコット / バイナリパッケージ

■インストール/起動
      macopix本体のmakeとインストール / マスコットのインストール / 起動、およびコマンドラインオプション / ポップアップメニュー

■解説
      作成される or 必要なファイル・ディレクトリ / マスコットについて / ランチャメニュー / Biff機能 / 時報機能 / ホームポジション

■設定
      リソース設定 / マスコット設定 / メニュー設定

■開発用
      マスコットの作り方

■FAQ
      よくある質問

■マスコット一覧
      おすわりマスコット




RoseGray Society

           Last modified: Tue Jun 18 15:55:23 HST 2019

くるみ ちまり
e-mail : chimari_at_rosegray.sakura.ne.jp
("_at_"を"@"に書き換えてください)